今の中国を知る 7月22日「中国問題を読み解く」 『コロナウイルス』の試練を受けて~2020年『全面小康社会』は可能か~

受講申込

講座概要

開催日 7/22
曜日 木曜日
時間 19:00~20:30
定員 40 名
最低開催人数 -
授業回数 1 回
受講料(一般) 2,000円
受講料(学生(工学院大関係以外)) 1,000円
受講料(工学院大学) 500円
会場 B0430

講座の説明


毎年3月に実施され中国の方向が示される「全人代」。
今年はコロナの影響で、5月22日に延期されました。
この開幕当日、20時~プライムニュース(BSフジ)に朱先生は出演しました。去年同様、放送の裏話などもお聴きできると思います。
乞うご期待!

講座スケジュール

実施日 講座内容
1 2020/07/22(水) 2020年『全面小康社会』は可能かーー『コロナウイルス』の試練を受けて

講師

朱 建榮 (しゅ けんえい)
【プロフィール】
東洋学園大学人文学部教授。1957年上海市生まれ。華東師範大学外国語学部卒業(日本文学専攻)。
上海国際問題研究所付属大学院で法学修士号を取得。同研究員を経て1986年に総合研究開発機構(NIRA)客員研究員として来日。学習院大学で政治学博士号取得後、東洋女子短期大学助教授を経て1996年4月より現職。
また、米国ジョージ・ワシントン大学(GWU)客員研究員、英国ロンドン大学東洋アフリカ学院(SOAS)客員研究員も務める。日本華人教授会議の初代代表(2003~2011年)。現在、国際アジア共同体学会副理事長、
日中関係学会と日本現代中国学会の理事などを兼任。
「世界のパワーシフトとアジア」( 編著 花伝社,2017年12月 ) 「中国・北朝鮮脅威論を超えて」(共著 耕文社,2017年10月) 「中国と南沙諸島紛争」(翻訳 花伝社,2017年4月)など著訳書多数。

受講申込

ページの先頭へ