本文へジャンプ

トップページ>>講座詳細

A19006 登山に役立つ山の自然学 新潟県生涯学習協会 企画講座

受付中

講座概要

開講日 2019年6月12日 ~ 2019年7月10日(水曜日)
回数 全4回
開講時間 10:00~11:30
定員 20名
受講料 4,600円(一般) 3,400円(在学生) 3,800円(父母・卒業生)
教材費等 ・教材費は受講料に含まれています。
会場 新潟中央キャンパス
申込締切日 2019年6月5日
申込締切日後に受講を希望される方、キャンセル待ちを希望される方はお問い合わせください。

内容

山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝することを趣旨として2016年より「山の日」が制定されました。しかしながら、戦後最悪の火山災害となった御嶽山の噴火や雪崩などの自然災害、登山者の遭難や滑落の事故件数の増加など、山と親しむ政策を促進する上で考慮すべき課題は多くあります。
この講座では、上高地、白馬、立山の日本を代表する山岳地帯を取り上げ、その周辺の地形の成り立ちや環境問題について解説し、今後の登山に新たな視点を加えます。

講座日程

開講日 内容
第1回 2019年6月12日(水) 日本アルプスの概要
第2回 2019年6月19日(水) 上高地の自然学
第3回 2019年7月3日(水) 立山周辺の自然学
第4回 2019年7月10日(水) 白馬周辺の自然学

講師紹介

奈良間 千之

新潟大学准教授

1972年静岡県生まれ。2002年東京都立大学大学院理学研究科博士後期課程修了。日本学術振興会特別研究員PD(名古屋大学)、総合地球環境学研究所プロジェクト研究員などを経て現職。専門は自然地理学。

受付中

  • 資料請求
  • 申し込みリストを確認

MYページ

受講生番号 パスワード

※情報の変更・再入会などもこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

  • 受講のご案内